【部員紹介No.5】アナライジングスタッフ 大西亮太郎

部員紹介第五回目はアナライジングスタッフの大西亮太郎さんです。

アナライジングスタッフとはチームの練習や対戦校の試合などをチェックし、選手のスキルや相手チームの弱点などを調べるポジションです。


アメリカンフットボールは特に戦略が勝敗を決める大きな要因です。

その重要な戦術の役割を担っているのがアナライジングスタッフです。

関大アメフト部には、オフェンス・ディフェンス・キッキングの三つに分かれて活動しています。


【自己紹介】

〈名前〉 大西亮太郎

〈学年〉 新三年生

〈学部・学科〉 経済学部

〈出身校〉大手前高校高校

〈ポジション〉 ディフェンススタッフ


Q.なぜアナライジングスタッフを?


A. 中学の時からアメフトの試合を見ていて興味がありました。高校の部活動でケガをしてしまったのでスタッフになることを決めました



Q.アナライジングスタッフをして嬉しかった時はいつですか?


A. 昨年担当した近畿大学、甲南大学、神戸大学の試合で勝った時が嬉しかったです。



Q.どのような人がアナライジングスタッフに向いていると思いますか?


A. 興味はあるけれど選手になるのは自分には無理だと思っている人です。



Q.今年度の目標を教えてください。


A. 自分をステップアップしながらチームを勝たせる。



Q.最後に春から関大生にひとことお願いします。


A.一人でも多くきて欲しいので少しでも興味があったら来てください。